ウィルスに感染した場合の対処と駆除

もし、ウィルスに感染てしまった場合は、慌てずていきなり電源を切ってしまったりせずに、落ち着いた対処方法が必要です。

 

ここでは、万が一ウイルスに感染してしまった場合の対処法と駆除の仕方などを説明いたします。

 

まずはじめに

冒頭でも書きましたが、電源は絶対に切ってはいけません。また再起動もNGです。
これは、再起動などをすると、システムがすでに破壊されて電源が入らない可能性もあるからです。

 

症状として再起動をくりかえす場合は、セーフモードという機能を利用してパソコンを起動してみましょう。

 

セーフモードとは、OSの機能の必要最低限のシステムやサービスをのみ起動する、診断用モードです。不具合などを発見する場合にこの機能を利用します。

 

セーフモードにするには、OSによってことなりますが、起動後「F8」キーや「Shift」キーを押し続けると黒い画面などが出てきて選択できるようになります。

 

手順1.ネットワークから切り離す

ウィルス感染が疑われる場合は、他のパソコンへの二次感染を防ぐ為にネットワークから切り離しましょう。どうしても必要な場合は、その時だけ接続するようにします。

 

手順2.ウィルスの正体を暴く

ウィルスが何の種類かを特定します。インターネットでオンラインスキャンできるサイトや、似たような症状と駆除方法のサイトが見つかる可能性があります。オンラインスキャンは駆除ツール付きもあるので確認しましょう。

 

手順3.駆除ツールを手に入れる

ウィルスの種類が特定できたら駆除ツールが有効な場合もありますので、インターネットから入手します。
(極力、他のパソコンでプログラムを入手して、USBなどのメディアから、感染していると思われるパソコンにインストールするようにしましょう)

 

 

 

上記の手順で、パソコンが正常に戻れば、まずは成功ですが、完全に元通りかを最終確認する上でもセキュリティソフトを本格的に導入して再度フルスキャンをお奨めします。

 

また、この手順で治らなければ、残念ながらハードディスクの初期化、及びOSの再インストールをすることになります。その際は、大事なファイルなどをバックアップしてウィルスチェックをした後正常なパソコンに移すようにしましょう。